理事長挨拶

sugarizityou1  

菅 大樹 (菅機械工業㈱代表取締役) 

令和3年 8月

 

 

「雑 感」

 

 

新年明けましておめでとうございます。
社団法人大阪建設機械器具協会の皆様並びに関係各位におかれましては、ご健勝で新年を迎えられたこととお喜び申し上げます。 会員の皆様には日頃より協会運営に深いご理解とご協力を賜り、まことにありがとうございます。 
また、顧問の大阪府議会議員横倉康幸先生を始め、国土交通省近畿地方整備局、大阪府、大阪市、社団法人大阪卸商連合会と多くの団体様からのご支援まことにありがとうございました。 本年も変わらぬご支援の程よろしくお願い申し上げます。
昨年は、一昨年に続きコロナ禍・緊急事態宣言下の自粛の一年でした。 そんな中開催の是非や観客をどうするかなどが取り沙汰された一年遅れのオリンピックや衆議院議員選挙などが行われ、また10月に全国的に宣言が解除されると人流は少しづつ戻っていきました。 その後各所で人出が戻っても感染者は減り続け、経済活動も戻りつつあります。 特に観光や旅行・飲食関係はやっと少し動き出し本当に長いトンネルから抜け出た感があるのではないでしょうか。 医療体制は次の波に備える体制も整い、政府の経済対策も次々に打ち出されコロナ禍からの脱却も進められています。
そんな暗い雰囲気を吹き飛ばしてくれたのはオリンピックでの日本選手の活躍と大リーグでの大谷選手の大活躍でした。 大谷選手の魅力は投打にわたる成績はもちろんですが、何よりも野球を楽しんでいることと謙虚でまじめな言動ではないでしょうか。 これは海を越えて本場アメリカのファンや選手・記者も感動させ年間MVPをはじめ各種表彰を総なめにしました。 また、国内に目を移すと将棋の藤井聡太棋士が王位・棋聖の二冠のタイトル防衛に加え、新たに叡王と竜王も獲得し棋士ランキングのトップとなりました。 にわか「読む将・見る将」の私としてはその異常な勝ちっぷりに胸を躍らせる限りです。
さて、前号では開催予定としておりました各種行事ですが、野球大会は関係者や参加選手やその会社の皆様のおかげで無事開催する事が出来ましたが、ハイキングについては中止ということになり、今年も本当に行事の少ない一年となってしまいました。 来年こそはワクチン接種や治療薬の開発も進み各種対策も万全となり様々な行事で皆様と共に楽しめる年になる事を祈念して、新年のご挨拶とさせて頂きます。
(この原稿を書いたのち、12月に新変異株のオミクロン株が南アフリカで発見され日本でも水際対策の強化が行われましたが、発刊された時点で第六波襲来・緊急事態宣言となっていないことを祈っています)

                                  

菅 大樹
2022年1月


 

 

 

 

 

 

 

 

理事長のご挨拶バックナンバー